確実に追い出すために

こうもり

法令による保護

1960年代頃からペットとして飼われていたアライグマが野生化して、日本全国に生息域を広げています。在来種のタヌキに似てはいるものの、より大型化する上に手先が器用なためタヌキの生息場所を奪うようになってきました。アライグマは農園を荒らし、住宅に侵入して被害を与えるため駆除の対象生物になっています。野生化したアライグマは凶暴化する上に、歯や爪が鋭く、病原菌も持っている可能性があるため、むやみに近づくことは控えた方がいいでしょう。アライグマやコウモリは特定外来生物なので法律的に飼育や輸入が禁止されていながら、鳥獣保護法によって勝手に捕獲による駆除をすることができません。そのため、個人的にアライグマやコウモリ駆除する場合には、追い出す方法しか取ることができません。

専門業者に任せる

アライグマやコウモリは人に危害を加える可能性もあるため、個人がむやみに駆除を行うことができません。もし上手くアライグマを追い出すことに成功したとしても、一度住みかにしたところにすぐに戻ってくる性質があるので、また侵入されてしまいます。住みかにして月日がたっている場合には、糞尿に汚染されているので清掃や消毒も行わなければなりません。そこで専門家に駆除を依頼すべきです。コウモリ駆除を専門に行っている業者であれば、生態を熟知しているためどこから侵入しているのか、追い出し方の最適な方法を速やかに見つけてくれます。初期調査や見積もり提示は無料で行ってくれることが多く、信頼のおける業者であれば、見積もり提示以上の料金を請求することはありません。

可愛いけれど害獣です

あり被害

アライグマは駆除対象の動物になっていますが、人里に近づけないためにも餌付けをしないことが大切です。アライグマによる被害は金額でいうと果樹への被害が大きいですが、住宅設備への被害も増えています。

詳しく見る

害獣になったペット

駆除

アライグマは日本には生息していなかった動物ですがペットが野生化して増えてしまいました。農作物や住宅に被害を与えアレルギーや病気の原因ともなります。捕獲するには自治体への申請で。駆除するのに業者に依頼する人も増えています。

詳しく見る